WPFを専門としている札幌市のソフトウェア開発会社

プロミディア合同会社

ブログ 経営に関すること

記帳代行にかかる料金と依頼方法

投稿日:

記帳代行っていくらかかるの?

記帳代行ってどうやって依頼するの?

こんにちは、プロミディア合同会社の斉藤です。

今回は記帳代行の料金と依頼方法について書きたいと思います。

記帳代行の料金

税理士と顧問契約を結んだ場合、記帳代行はオプション扱いのことが多いようです。

料金もその会社の規模によって変わると思います。

私の場合は、ITエンジニアですので、日々の記帳はあまりないですし、一人会社なので売り上げ規模も1,000万円未満ですので、料金的には一番安い部類です。

で、記帳代行の料金ですが、うちの場合は5,000円でやってもらっています。(顧問料は10,000円)

記帳代行の依頼方法

記帳代行といっても、こちらが何もしなくて良いわけではありません。

記帳の元となる情報は税理士の方に渡す必要があります。

渡す情報

以下のような情報を提供しています。

また、提供漏れがないように、チェックリストで毎月チェックしています。

  • その月に購入した物のレシート、領収書 ※スマホで写真を撮ってグーグルフォトで共有
  • 社員の給与明細
  • 発注元への請求書控え
  • 交通費(バス、地下鉄)の明細 ※エクセルで作成してPDF出力したファイル
  • 通帳のコピー
  • 個人のクレジットカードから引き落とされる経費 ※テキストファイルに転記

渡す方法

メールに添付して送っています。

郵送でも良いらしいですが、切手代がもったいない…

会計ソフトは不要

税理士の方が持っている弥生会計で入力してもらうので、会計ソフトをこちらで購入して渡すことはありません。

私は最初は自分で帳簿を付ける予定だったので、弥生会計を購入してしまいました。

けっこう高かったです。

もしこれから記帳代行を検討している方は、会計ソフトが必要かどうかは確認しておきましょう。

まとめ

記帳代行を依頼することで、自分が記帳で悩むことはなくなり、入力間違いも起こりません。

自分で記帳する時間があったら、ブログの記事でも書いていたほうがトータルでプラスになると思います。

 

-ブログ, 経営に関すること
-,

Copyright© プロミディア合同会社 , 2018 All Rights Reserved.