アフィリエイト アフィリエイトの記事外注

アフィリエイトの記事を外注するメリットが大きすぎる

アフィリエイトをしていくうえで、記事を外注すると多くのメリットが得られます。

ただ、外注するとお金がかかるので、最初のうちはできるだけ自分で書こうと考えがちですが、はっきり言って最初から外注したほうが良いというのが私の結論です。

お金を投資して時間を買うという感覚を早くから身に着ける意味でも外注化は重要です。

私のアフィリエイト記事外注歴

私はプログラミングスクールを紹介するサイトに着手し、最初からクラウドワークスを使って記事を発注しました。

 

ただ、外注化は初めての試みだったこともあり、最初のうちは金額の相場感や、納品されやすい発注の仕方がわかりませんでした。

 

それでも、発注を何度も繰り返すうちに徐々にコツをつかみ、今では遠慮せずガンガン発注しています。

 

なぜなら、記事の外注に投資したら確実に元が取れることがわかっているからです。

 

外注すると、安くWebサイトのボリュームを増やすことができる

Webサイトの評価を上げるには、記事数、文字数はどうしても必要になります。

 

Webサイトの記事については、全てを自分で書く必要はなく、成約を狙った重要な記事は自分で書き、集客用の緩い体験談みたいのは外注でも問題ありません。

 

体験談であれば500文字/100円という安い金額で募集しても、納品してくれる人がたくさんいます。

 

例え500文字であっても、自分でそれを書いたら何分かかるか考えてみてください。

 

そう考えると、500文字が納品されるだけでもありがたさがわかると思います。

 

自分が知らなかったことを知ることができる

自分以外の人に記事を書いてもらうと、それまで自分が知らなかったサービスや商品を知ることができます。

 

その新しく知った内容を元にして、関連記事を追加したりすることも可能です。

 

記事をいただいたうえに、知識までいただけるのが外注化の魅力のひとつです。

 

文章力が上達する

文章は自分でたくさん書けば当然上達しますが、実は他人の文章をリライトするだけでも上達していきます。

 

クラウドワークスなどでタスク形式で記事を発注した場合、記事を書くのは素人の方なで、文として上手くないものが納品されることがほとんどです。

 

それらの記事はリライトして読みやすい状態にしてから投稿しています。

 

他人が書いた文章であれば、おかしいところはどんどん直そうとう気になるものです。

 

数をこなしていくうちに、文章がうまくなったと実感できます。

 

外注の仕方のコツ

今まで何パターンかの発注を試してきて、発注パターンは固定できました。

文字数

文字数は500文字/100円700文字/200円にしています。

2パターンの料金を使い分けている理由は、記事を書ける人が少ない内容かなと思った場合、後者にしています。

 

募集する内容

応募する人が特別に調査しなくても書ける内容で募集します。

体験談とかその人が持っているノウハウですね。

記事単価が安いので、ちょっとでも調べる必要がある内容だと、応募する人のメリットが薄くなるのでほとんど応募は来ないです。

 

たまにミラクルが起こるのも魅力

まれにですが、500文字の募集に対して1,000文字を超えて書いてくれる人もいます。

そういう人はお金が目的というより、たんに書くのが楽しくて書いてくれているのだと思います。

追加でお金払うのも面倒なので、そのままいただいてしまっています。

 

まとめ

アフィリエイト初心者の方が「記事を外注」と聞くと、自分にはまだ早いと思うかもしれません。

 

しかし、初心者の方こそ早くサイトを成長させて初報酬を得るべきです。

 

おそらく一度外注をしてみると、こんなすごい記事がたった数百円で手に入ることに驚くと思います。

 

正直、メリットが大きすぎて他人に教えたくないくらいです。

 

アフィリエイトされている方はすぐにでも記事の外注化を試してみてください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

斉藤 貞義

プロミディア合同会社代表。 北海道札幌市在住。 会社員としてソフトウェア開発を約13年経験後、PE-BANK所属のフリーランスエンジニアとして独立。 その2年半後に法人成りし、合同会社を設立。 現在は企業に常駐してソフトウェア開発をしつつ、収益を目的としてWebサイト作成、セミナーを開催している。

-アフィリエイト, アフィリエイトの記事外注

© 2020 プロミディア合同会社