アフィリエイト アフィリエイトノウハウ

アフィリエイトするのに無料ブログを使ってはいけない3つの理由

アフィリエイトのサイトを作成する際に、無料ブログを使うかレンタルサーバーを契約して独自ドメインを取得して運営するかの2通りの方法があります。

「私はまだ初心者だから、費用がかからない無料ブログから始めよう」

と思う方もいるかもしれません。

 

でもその考え方はまったくもって時間の無駄です。

 

あなたがこれからアフィリエイトを真剣にやって収益をあげていくつもりであれば、必ず独自ドメインを取得してサイトを作成してください。

 

ここでは、無料ブログではなぜいけないのかについて解説していきます。

 

無料ブログは突然削除されることがある

無料ブログとはその名の通り無料で作成できるブログです。

なぜ企業が無料ブログを提供しているかというと、ユーザーが作成した無料ブログに広告を強制的に表示させて、そこから収益をあげるためです。

 

ただの個人日記であれば無料ブログで十分ですが、広告収入を目指す場合、運営側にとっては好ましくないユーザーとなります。

アフィリエイトと無料ブログは相性が悪いということをご理解ください。

 

もしあなたが、無料ブログでアフィリエイト用サイトをせっせと作ったとしても、運営側の都合でいつでも削除することができます。

広告収入を得たいと思っている運営側にとって、アフィリエイトは害でしかありません。

 

実際に私も、数年前に無料ブログ(シーザーとライブドア)の自動投稿機能を使って、楽天の商品を紹介していました。

記事が増えるにつれて収益も順調に伸びていたのですが、ある日突然、ほとんどのブログが削除されました。

 

レンタルサーバーを借りた自分のサイトであれば、勝手に削除されるようなことはありません。

 

無料ブログは上位表示が難しい

無料ブログと独自ドメインを比較すると、独自ドメインのほうが明らかに強いです。

あなたも何か検索したとき、1ページ目に表示されているサイトのURLを確認してみてください。

無料ブログのURLはほとんど無いはずです。

 

せっかく良い記事を書いたとしても、無料ブログという理由だけで順位が低くなり、読者の目に触れないというのは悲しいものです。

サイトは必ず独自ドメインで作成しましょう。

 

無料ブログには運営会社の広告が表示される

無料ブログだと、何もしなくても運営会社用の広告が表示されます。

アフィリエイトを目的としたサイトでは、必ず自分が宣伝したい商品やサービスの広告を表示させることになります。

 

私が昔よく使っていたSeesaaという無料ブログでは、一定期間更新がなければ、コンテンツ上をスライドするかなりウザイ広告まで表示されるようになります。

 

そうなると、サイトを訪れた人は内容を読む以前に、広告が多くて売り込み色の強いサイトと感じて離脱されてしまいます。

せっかく良いコンテンツを用意していても、読まれないことには意味がありません。

 

まとめ

アフィリエイトをするなら、無料ブログを使ってはいけない理由を解説してきました。

ここで言いたいことはたったひとつです。

レンタルサーバー+独自ドメインでアフィリエイトサイトを運営しましょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

斉藤 貞義

プロミディア合同会社代表。 北海道札幌市在住。 会社員としてソフトウェア開発を約13年経験後、PE-BANK所属のフリーランスエンジニアとして独立。 その2年半後に法人成りし、合同会社を設立。 現在は企業に常駐してソフトウェア開発をしつつ、収益を目的としてWebサイト作成、セミナーを開催している。

-アフィリエイト, アフィリエイトノウハウ

© 2020 プロミディア合同会社