PHP Laravel プログラミング

LaravelのRoute::resourceに含まれるルーティングの内訳を解説

プロミディア合同会社の斉藤です。

PHP/LaravelのRoute::resourceは7つのルーティングを1行にまとめてくれて便利です。

しかし、省略された内訳をきちんと把握していないと、他のルーティングとの重複に気づけなかったりします。

ここでは具体例を上げて、Route::resourceの内訳をご紹介します。

URIがmessagesの場合

Route::resource('messages', 'MessagesController');

メソッド URI アクション ルート名
GET /messages index messages.index
GET /messages/create create messages.create
POST /messages store messages.store
GET /messages/{message} show messages.show
GET /messages/{message}/edit edit messages.edit
PUT /messages/{message} update messages.update
DELETE /messages/{message} destroy messages.destroy

 

URIがtasksの場合

Route::resource('tasks', 'TasksController');

メソッド URI アクション ルート名
GET /tasks index tasks.index
GET /tasks/create create tasks.create
POST /tasks store tasks.store
GET /tasks/{task} show tasks.show
GET /tasks/{task}/edit edit tasks.edit
PUT /tasks/{task} update tasks.update
DELETE /tasks/{task} destroy tasks.destroy

 

URIがmicropostsの場合

Route::resource('microposts', 'MicropostsController');

メソッド URI アクション ルート名
GET /microposts index microposts.index
GET /microposts/create create microposts.create
POST /microposts store microposts.store
GET /microposts/{micropost} show microposts.show
GET /microposts/{micropost}/edit edit microposts.edit
PUT /microposts/{micropost} update microposts.update
DELETE /microposts/{micropost} destroy microposts.destroy

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

斉藤 貞義

プロミディア合同会社代表。 会社員として約13年間、ソフトウェア開発の経験を積み2015年にPE-BANKに所属して独立。 システムの受託開発をメインとしながら、プログラミングスクール講師、Udemy講師、アフィリエイトサイト(30代のプログラミングスクール選び)の運営も行っている。

-PHP Laravel, プログラミング

© 2021 プロミディア合同会社